INFOMATIONお知らせ詳細

一覧

Readyfor◆クラウドファンディング512万円≪6頭の購入を決定≫

馬事学院のお知らせ

2018年10月09日
平成30年9月28日までにクラウドファンディングの目標金額である480万円を超し、支援者約163名(1名あたり平均3.14万円)の計512万円の資金が集まりました。したがって、2018年10月1日~3日にかけ北海道の静内で開催された「オータムセール2018」に選抜された学生7名とスタッフ3名の計10名が参加し、対象となる5頭のサラブレッドのほか、余剰金を活用し1頭のサラブレッドを追加、計6頭の1歳馬を購入したのです。
(クラウドファンディング概要:https://readyfor.jp/projects/bajigaku


1、まず、10月1日の初日、静内の北海道市場に到着。当日は台風の影響で朝から大雨が降り、セリ開始が1時間遅れの13時に変更となったものの、無事にセリの1日目がスタートしました。私たちは、馬たちの下見会場で、上場馬たちの展示を見に行きました。



13時以降、セリ会場内で1日目は約245頭が上場されました。(一部、欠場馬を除く)
まずは、1頭目に、47番に上場された「父:スマートファルコン 母:システーナブルー 牝馬」が上場されたものの「1:33:12~(リザーブ価格250万円)」購入の声が掛からなかったことから、120万円での交渉を行ない再上場のうえ、購入する事ができました。



2頭目107番に上場された「父:スピルバーグ 母:マイネアラベスク 牡」が上場されました「2:40:50~」他に購入の声が掛からなかったことから120万円でのファーストコールで購入することになりました。



3頭目 230番に上場された「父:キングズベスト 母:ヴィルヌーヴ 牝」が上場されました。「5:21:30~」他に購入の声が掛からなかったことから50万円でのファーストコールで購入する事になりました。



4頭目 初日のセリの終盤、243番に上場された「父:トーセンホマレボシ 母:オンワードマルタ 牝」が上場されました。リザーブ価格150万円でしたが、5:39:10~が、入札がありませんでした。
その後、80万円での交渉をおこない、一旦、セリが終了したのちに、この馬の再上場の為、特別に実施して頂きました。5:49:50~、この入札には、生徒自らがコールする少し感動的なシーンが含まれます。



セリ初日は、無事に4頭の馬を購入する事ができました。学生たちにとって、はじめての経験であり、また、購入した生産者(馬主)さんより、喜びの声も頂きました。なお、生産者さんからのコメントなども、貰う事ができると思います。

10月2日の2日目、
上場番号 465父:ストラヴィンスキー 母:リッチエモーション 牝 を(5:05:30~)他に声がなかったことから、70万円で購入させて頂きました。


以上、セリでの購入は5頭となりました。

さて、10月1日~3日の3日間の中で、ある一本の連絡がありました。それは、クラブフットという蹄を巻き込んでしまっている馬の話で、正直、競走馬としてデビューさせることができないかもしれません。また、乗馬として活躍する事もわかりません。そうした馬を購入する人はいなく、また、手間暇をかけて、馴致(鞍付け)という期間を設け、騎乗できる状態にまで調教を行なう人もいません。(もしこの馬に、そんな手間暇をかけているなら、違う可能性がある馬に時間を費やすほうが良い・・・)おそらく、一般論としてはそのような声でしょう。しかし、今回、クラウドファンディングの支援資金の余剰10.8万円を、この馬の輸送経費に充当することで、牧場から無償譲渡で引き受けることにしましたのです。従って、5頭のセリでの購入馬に加え、1頭を追加した計6頭が、このクラウドファンディングでの購入馬となりました。


皆様のご協力、本当にありがとうございました。